支払期限前に売り上げを回収することができます!

現金の調達は中小企業の経営者にとって切実な問題だといえるでしょう。近年では企業全体の経営は黒字であるのにも関わらず、運転資金の不足が原因で倒産してしまう、いわゆる黒字倒産の件数が増えています。手元の現金が不足して手形の決済に困った場合などには、ファクタリングによる資金調達の方法を検討してみてください。ファクタリングとは売掛金の現金化のことです。日本には掛け売りの商習慣があり、材料や商品を仕入れた場合には、月末などにまとめて料金を支払うことが一般的となっています。購入した側にとっては支払いまでに猶予があり有利になりますが、一方で販売した側にとっては入金までに時間がかかるため不利になってしまうのです。ファクタリングを活用すれば支払期限を待つことなく、即時に売り上げを現金で回収することができます。

ファクタリングには主に2種類のものがあります!

ファクタリングには売上債権そのものを業者に売却する方法と、売上債権を担保に業者から現金を借りる方法の2種類があります。売上債権の売却は売掛金を業者に買い取ってもらう方法であり、債券の権利は業者へと移行します。貸し倒れが発生した場合には売掛金を買い取った業者が損失を負担するため、即時の現金化が可能であること以外に貸し倒れのリスクから解放されるというメリットがあるのです。一方で買取業者は貸し倒れのリスクを含めた評価額で売掛金を買い取るため、実際の買取価格は売掛金の額面の7割~8割程度になります。売掛金を担保にお金を借りる方法は、一時的な資金が必要な場合などに適した方法です。借り入れたお金を期日までに返却すれば、その後は売掛金全額の回収が可能になります。

債権を専門の回収会社に売却して現金化するファクタリングは、短期間で確実に現金を得られるのがメリットです。得られる金額は額面より低いものの、債権が回収出来ないリスクを避けることが出来ます。